Re.(18) エルロン動いたヘの道

  • 投稿No.3136 元投稿No.3120 文系ちゃんさんへの返信
  • 投稿者:文系ちゃん
  • 投稿日:2024-03-25 12:31:59

パイロットによる操縦桿の操作が、どのように伝わっているのかの確認の続きですが、今回は番外編的な内容となります。

5chにてエレベータの作動について考察していましたところ、資料提供を頂きました。

航空学会誌 第4巻 第35号  野田親則  ジェット機の操縦装置の問題 
  
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsass1953/4/35/4_35_324/_pdf

その中の9番目の項目のところにはこのように書かれていました。
*********************
可逆的ブースターでも、不可逆パワ ・コントロールでもバルブの行程には機械的なストップがある。
したがって油圧系統が故障した場合に操縦桿(ペダル)を操作するとバルブの最大行程に達 して、それ以後はバルブのケースを介 し、またはfollow-up機構を介してパワ ・コン トロールの入力側と出力系とは機械的に連絡する。
もしシリンダ内の作動油が自由に流通できるならば手動操作が可能になる。
*********************

油圧系統が故障した際の油圧装置の作動に関しての記述ですが、この中でも、「不可逆パワーコントロールでも」となっている箇所が特に重要です。
これまで多くの方が、不可逆装置であるがゆえに、事故機においては油圧喪失後補助翼は動かなくなったものと推察されていたようですが、実際のところ、747の構造からすれば、操作記録であるCCPチャートなりの動きをしていたものと考えるのが適切であろうと判断しました。

これまでも自分としては、動翼は動いていたものとして、その原理的なものを確認してきていましたが、今回貴重な文献の情報を頂き、考えに間違いがないとの思いを深めることとなりました。
ここに情報共有を目的としてリンクを貼らせて頂くと同時に、情報を提供下さった方には 厚くお礼申し上げます。

(以下はあちらに書いた自分の書き込みです 日本語的に微妙な箇所もありますが、ご容赦下さい)
そもそも公開されてるDFDRデータが正しいのか?というのもあるが、それは一旦置いといて

CCPは桿の角度そのものとしても、エレベータ動翼までには機械的ガタつき、ワイヤーのたわみ、伸びの存在の考慮は要する

それ以上に、エレベータアクチュエーターのコントロールバルブをストロークさせて機械的リミット、どん突きに至るまでの桿の操作は、動翼の位置には一切反映されないことは明白で、それがどれくらいなのかは実機による としか今は言えない

このバルブをストロークさせる区間というのは、桿の角度の中立の前後X度ずつ となるのではなく、動翼の角度によって変化する
よって桿の操作により動翼がどのような角度となっていたのかは、それらの要素を差っ引いたものとなる

これは調査すれば分かる話で、操縦性 つまりは操縦桿の操作が機体にどのような影響を与えたのかを考える際には、CCPを推定動翼角に変換したものを使用しないといけない

油圧正常時は、圧倒的強さの油圧、つまりは操縦桿の操作側が一方的に動翼を支配的に動かしていたが、油圧喪失以降は人力による操作力と動翼舵面が受ける風圧により動こうとする力との、合成or差引きの力が操縦桿と動翼の角度を決めるものと推測される

なお、アクチュエーター内部やその付近に作動油が残っている場合は、動翼側からの入力は、配管途中にある逆止弁の作用の影響を受けるものと考えられる

途中横田に向かったとか、川上村レタス畑に着陸しようとしていたとかの説があるのに対して、油圧喪失なのにどうやるんだよ といったような反論があったが、それに対しては、スロットルコントロールのみでも可能であるものと推定はするが、それに加えて不完全ながらも操縦桿の操作が反映されていたのであれば、可能性は大幅に広がる

事故調の調査で事故機の状態を再現したシミュレータ実験では、操縦困難で程なくでの墜落不可避的な結果となっていたものと記憶しているが、それは、30分を超える飛行を継続し、なお3000mくらいの高度を維持していた123便の状況とは一致しない

このことからすれば、シミュレータ試験のパラメータ設定が不適切で、それが何か となれば、操縦桿による操作の反映ではなかろうか と考える

事故報告書において、油圧喪失により動翼は不動とされていたものと目されるが、それは事実とは異なると考えられる
墜落の一次原因は垂直尾翼の破損および油圧の喪失であったとしても、その状況から墜落に至るまでにはまた別の原因があると考えざるを得ない
動翼が操縦桿の操作により動いていたと考えられるということが事実であると確定すれば、これは新事実として事故の調査は再開されるべきだろう

Re.(3) 鷹富士氏への回答説明を求める!!

  • 投稿No.3135 元投稿No.3127 AOSANさんへの返信
  • 投稿者:鷹富士
  • 投稿日:2024-03-17 21:43:25

AOSANさんへ

No.3129に対して、あなたからの返信がないので、No.3127に記されたあなたの説明には合理的根拠はなく、誰かの作り話とみなします。

河津低空飛行の場合の航跡図

  • 投稿No.3134
  • 投稿者:河津低空飛行説
  • 投稿日:2024-03-17 21:39:30

管理人さま
レスありがとうございました

私は昔は『爆破テ口説』を名乗って
5chに書き込んでましたし、考えは
今も変わらないので、内部爆破説派
に属することになるかと思います

河津低空飛行の場合の航跡図を
簡単ではありますが作成しましたので
アップいたします

https://imgur.com/a/XBC37wd

改竄前DFDR高度しか私は自由に決定
できませんが、河津ではなく稲取漁港
上空から伊豆半島に上陸したような
航跡図になってしまいました

作成方法としては、各点がそれぞれ
高度に応じたTASを持っているため、
線の両端の平均TASに共通の飛行時間を
掛けて距離としたものを、相似比として
使って点と点を結ぶ線を作成していき、
小さくなった線を次々と結んでいった
ものとなっています

例えば、区間6-7と6’-7’は平行かつ
相似となっていて、その相似比は
その距離又は平均TASを比較したもの
ということになります
また、6と6’、7と7’は同じ時刻です

TASの計算条件として、
地上気温27°無風としておりますが、
やってることは単純であり、
猿みたいな作業です

低空飛行始まりは浦賀ですが、
爆発音時の高度を8000ftに上げても
距離の累計が600mしか増えないのが
大きな泣き所です

爆発音時の高度を10000ftにすれば
河津の片瀬山付近を飛行するとは
思いますが、それだと
『イヤに低く飛行した』
『ミカンの木からワッと見えた』
ことにはならないと考えています

新しい閃きがないと前進しないと考え
一旦アップさせて頂きました

いかがでしょうか?
とりあえず素材として見て
いただければと思います

このまま墜落地点まで続けても
墜落地点がズレるだけですから、
大月旋回あたりで小松便と調整後、
今度は偽123便の偽DFDRを用いて
墜落地点まで改竄したのでしょうか?

富士山の東、由比蒲原付近を飛行し、
目撃証言と一部合致していることが、
少しだけ自慢です

以上、失礼いたします

Re. 鷹富士氏への質問(!)

  • 投稿No.3133 元投稿No.3124  8.12連絡会 事故調査 分科会 会長 遺族 小田周二さんへの返信
  • 投稿者:鷹富士
  • 投稿日:2024-03-17 21:33:24

小田周二さんへ

No.3125と3126に対して、あなたからの返信がないので、これまでの私の説明に納得いただいたものと解します。
繰り返しますが、あなたが真相究明を目指すなら、誤報や誤解を捨てる必要があります。
この掲示板には、誤報や誤解が多数ありますが、その仲間に入ることは、あなたの本意ではないはずです。

Re.(4) 鷹富士氏への回答説明を求める!!

  • 投稿No.3132 元投稿No.3129 鷹富士さんへの返信
  • 投稿者:冴羽
  • 投稿日:2024-03-14 23:41:34

> 現地拾得物の「物証」とビンは、どこの、誰が、どの場所で拾い、どのような形状、材質かなど、具体的に示してください。

そもそもな話毒物を素手で扱って、何故「平気なのか?」という点と、何故、実際に毒物が使われたと言うのであれば、何故、現地に出入りしていた、捜索救助隊員や、報道関係者は何の「防護処置」もせずに現地に入っていたのでしょうね?

https://x.com/alicia_silmeria/status/1431361343014072321?s=20

それ以前に、毒物が使用されたのなら、何故、現地で「除染活動」が「全くされた形跡がないのか?」が疑問なのですがね

Re. DFDR改竄 悪魔の59秒

  • 投稿No.3131 元投稿No.3130 河津低空飛行説さんへの返信
  • 投稿者:管理人[ 管理者 ]
  • 投稿日:2024-03-13 21:55:36

河津低空飛行説 様へ

管理人です。

続けての投稿、また貴重な考察ありがとうございます。

管理人宛の投稿をいただいておりますが、私は意見を言う立場にありませんが、

東伊豆上空で起きたとされている出来事についてだけ一言。

古い書物ですが、村岡伸治さんという元パイロットの方が『天命の陳情』という書物を著され、その書物の中で東伊豆の河津駅あたりの地上から目撃された方の情報によると、大音響が聞こえたのでその方向を見ると、機体の尾部から煙が尾を引いているように見えた、と語られているので、その目撃談はとりも直さず上空で起きた事象が外部衝突ではなく、内部爆破の証拠であるという論を展開されていたことを思い出しました。

> 管理人さま
> DFDR改竄手法について今まで述べた人
> がいないため、参考になると考え、簡単
> な例題を用いて説明します

中略

> 言われてみれば何てことないですが、
> 手を動かさないと発見できないことや、
> 39年間誰も言わなかったことでもある
> ため、DFDR改竄手法の考察自体は、
> 内容が簡単ではありますが、画期的だと
> 思います

> いかがでしたか?

DFDR改竄 悪魔の59秒

  • 投稿No.3130
  • 投稿者:河津低空飛行説
  • 投稿日:2024-03-12 22:18:36

管理人さま
DFDR改竄手法について今まで述べた人
がいないため、参考になると考え、簡単
な例題を用いて説明します

事故調航跡図とパイロット電卓
(Yahooで検索して簡単に使えます)
を用いて以下の問いに答えよ
ただし、各地点のCASは事故調航跡の値
を用い、地上気温27度、無風とする

問1)
次の2点間の曲線距離を概算せよ
a地点 浦賀(18時18分30秒)
b地点 大島北東(18時21分36秒)

問1 解答)
a地点 CAS=290kt 高度=12200ft
 よって、TAS=353kt
b地点 CAS=300kt 高度=18900ft
 よって、TAS=403kt
2地点間の平均TAS=378kt
2地点間で要した時間=186秒
1kt=1.852km/h なので
2地点間の距離=378×1.852×186/3600
 =36.17km

問2)
同様に浦賀a地点と河津爆発音c地点間の
距離を計算すると 74.76km となるが、
この距離を正として用いた上で、下記の
高度で実123便が低空飛行した場合、
このacの2地点間の飛行時間を概算せよ
(大島西地点は存在しないものとする)
a地点 浦賀12200ft(TAS=353kt)
b地点 大島北東9000ft(TAS=348kt)
c地点 爆発音地点6000ft(TAS=333kt)

問2 解答)
区間ab 距離36.17km
平均TAS=350.5kt(=649.13km/h)
要した時間=36.17/649.13×3600
   =199.65秒=3分20秒
区間bc 距離74.76-36.17=38.59km
平均TAS=340.5kt(=619.71km/h)
要した時間=38.59/619.71×3600
   =224.18秒=3分44秒
よって区間acで要した時間=7分4秒

問3)
c地点 河津爆発音地点通過時刻の改竄が
できない場合、DFDR改竄前の123便が
浦賀を通過する時刻を概算せよ

問3 解答)
航跡図によると123便のac間の飛行時間
が6分5秒なので、DFDR改竄前の123便
の方が同じac間を59秒間長く飛行した
ことになる(低空にて遅い)から
18時18分30秒-59秒=18時17分31秒

いかがでしたか?
最後はDFDR改竄前の浦賀の通過時刻を
中学生レベルの簡単な計算方法で概算
して求めましたが、やってる計算自体は
悪魔の計算ですよね

事故調航跡図に離陸時刻の秒の記載が
ないことから、余った59秒を離陸から
浦賀までの区間にブチ込んで、ボカして
改竄したと考えられます

以上が、『離陸-河津爆発音地点間』の
DFDR改竄手法です

次に、『河津爆発音地点-墜落』の区間の
DFDR改竄手法について述べます

パイロット電卓で遊ぶとすぐに分かり
ますが、CAS固定(エンジン出力固定)
して高度を上げるとTASが増えます

爆発音時刻と墜落時刻は早いタイミング
で公開されたため改竄できませんので、
今度は飛行時間が固定となります

目撃情報よりDFDR高度の方が高いと
いうことは、改竄されたDFDRだと
TASが増えるので、航跡を余計に長く
する必要があるということです
(遠回りや寄り道などが必要)

これが、各地の目撃情報とDFDRとで
多くの矛盾が発生した原因だと考えます

河津低空飛行を隠蔽し、高く改竄して
圧力隔壁説を正当化するためなら、何
でもやるんですね

河津爆発音地点の時刻が改竄できない
ため、河津で分けて2つの区間を設定し
それぞれを異なる手法、すなわち
 離陸-河津 この区間は時間で改竄
 河津-墜落 この区間は距離で改竄
という手法でDFDR改竄したと思います

DFDR改竄といっても、偽123便の飛行
計画を綿密に練って小出しに公開して、
後から偽123便を飛ばしDFDRデータを
抜き取り、実123便のDFDRデータと
合体させて改竄したと、私は考えます

言われてみれば何てことないですが、
手を動かさないと発見できないことや、
39年間誰も言わなかったことでもある
ため、DFDR改竄手法の考察自体は、
内容が簡単ではありますが、画期的だと
思います

いかがでしたか?

Re.(3) 鷹富士氏への回答説明を求める!!

  • 投稿No.3129 元投稿No.3127 AOSANさんへの返信
  • 投稿者:鷹富士
  • 投稿日:2024-03-12 21:46:47

AOSANさんへ

日航機長の思いを記す、当時の諸外国の新聞の内容を、新聞名と日付と共に、原文で示してください。

町田副社長が口走った言葉から、「自衛隊のミサイル」を導くのは論理の飛躍で、「隠語」という表現は、苦し紛れの逃げ口上です。具体的合理的根拠が必要です。
防衛省関係者の暴露とは、何時、どこで、どの部門の誰による、どのような内容か具体的に示してください。

現地拾得物の「物証」とビンは、どこの、誰が、どの場所で拾い、どのような形状、材質かなど、具体的に示してください。

河津低空飛行説

  • 投稿No.3128
  • 投稿者:河津低空飛行説
  • 投稿日:2024-03-09 19:50:05

管理人さま
真相の半分くらいが分かったと
自負しているため書き込みます

『目撃情報が全て低空飛行
 -->実123便も低空飛行
 -->DFDRが改竄された』と考える

上昇中だった横須賀基地の上空付近にて
リモートでハイドロ破壊か何かされ、
高濱機長はそのまま低空飛行を選択し、
河津で謎の爆発音に遭遇する、、、、

DFDR改竄作業といっても、大掛かり
かつ目撃情報とズレてしまうため、
情報発信側のリスクが莫大になる

よって、余程の動機がないと
DFDR改竄作業に着手しないハズ

よって、河津低空飛行を隠蔽し
河津DFDR高度を高く改竄することで
圧力隔壁説をでっち上げ、本当の
墜落原因を隠蔽した、というよりも
大至急の隠蔽工作と改竄作業を迫られた

というのも、NTSBが圧力隔壁説に
固執したため、国際的な動向を考慮した
日本政府が圧力隔壁説に追従する方針を
固めたため、河津高度をどうにかしろと
大臣から理不尽な指示を受けた運輸
官僚は、DFDR改竄に急いで着手する
しか選択肢がなかったのである

低空飛行だった河津高度を高く改竄する
のに伴い、自動的にTASが増えてしまう
-->河津爆発音と墜落時刻は公表済み
-->航跡延長を増やしてDFDR改竄
(時間固定のTAS増は航跡延長増)
(よって航跡図が大きく変わる)

これが、123便の航跡や高度に
まつわる謎を次々と生み出した
目撃情報あるのに航跡にない地点、、、
目撃情報ないのに航跡にある地点、、、

『河津低空飛行説+DFDR改竄説』
どこか間違ってますか?

河津で低空飛行なら今井浜も低空飛行の
ハズだが、今井浜での誤射の目撃情報が
ないため『誤射はなかった』と言える
正確には『飛翔物はなかった』だろう

ここまで分かれば
十分だと思うのだが、、、、
どこか間違ってますか?

ここから先は妄想になるが、
爆発原因については911同様、
何も飛翔していないのに
飛翔したことにしてしまうテ⚪︎
(911はCGによる飛行機映像と
 単なる爆発の組み合わせ)

自衛隊の幹部以下数名を米屋が買収し
ミサイル演習とタイミングを合わせた上、
『やっちまった』『やっちまった』と
組織内で誤射の報告をさせる
内閣に報告が届き内閣は対応を協議

その結果、30分の迷走があるため単独
事故で押せそうだとなって、誤射は
隠蔽することとなった

123便自体は爆破テ⚪︎、、、

わざわざ中途半端に爆破して
中途半端に30分以上も飛行させ、
日本政府が単独事故(圧力隔壁説)
を主張できるような演出をしつつ、
30分のエンドレステープからなるCVR
から爆発音を消そうとしたが、
エンドレステープが実際は32分くらい
あったため、現実的には失敗した

米屋は日本政府のその隠蔽に協力し、
圧力隔壁説を応援して、日本が国際的に
孤立しないよう政治的に援護する見返り
として、日本政府の弱みを握りプラザ合意
にコギつけて莫大な利益を得た、、、
『誤射+単独 ダブル演出型 爆破テ⚪︎説』

莫大な利益なんか、何もせずに
勝手に転がり込むハズがない
『受益者首謀のテ⚪︎法則』
(=単純誤射説を否定)

また、墜落寸前に右第4エンジンと
水平尾翼に謎の爆発があった

これも戦闘機による爆撃とウワサが
あるが、川上村で戦闘機の目撃情報が
全くないことから、垂直尾翼と同様に
こちらも予め仕掛けられた爆発物による
『爆破テ⚪︎』と私は推測している

テ⚪︎リストの立場で考えたら簡単だ

旅客機を爆破したきゃ外側から狙わず
内側から狙った方が確実で隠蔽が簡単

一撃必殺かつ確実な隠蔽こそ
テ⚪︎リストの命であり義務だから、
戦闘機で爆撃するのはナンセンス

一撃必殺だなんて簡単に言うけれど、
ホームラン打者が一振りで仕留めるのと
全く同じことで、普段から十分な練習が
できるとも思えず、難しいハズ

垂直尾翼、右第4エンジン、水平尾翼の
謎の爆発が全部同じ手口、、、

事故当時、飛行機のテ⚪︎と言えば
『爆破テ⚪︎』だったのをアレンジして、
圧力隔壁説+誤射説の両方を演出した
『爆破テ⚪︎』を首謀することにより
米屋は二重の安全地帯に居座った

日本政府が頑張って圧力隔壁説を
守れば守るほど、米屋が自動的に
安全になっていく仕組み

米屋にとって
作業はシンプルかつ最小限
隠蔽は最強かつ成果は最大

事故後の政治的な処理や
日本政府との接し方も含めて、
綿密かつ完璧に計画されたテ⚪︎

以上、目撃情報の有無及びその内容を
頼りにするという考えで、真相の半分が
分かった気でいますよ、私

犯人が差し出したCVRとDFDRを頼りに
真相解明するのはナンセンスですね

管理人様
いかがでしたか?
スッキリしましたか?

Re.(2) 鷹富士氏への回答説明を求める!!

  • 投稿No.3127 元投稿No.3113 鷹富士さんへの返信
  • 投稿者:AOSAN
  • 投稿日:2024-03-09 10:37:28

鷹富士氏へ
 横から失礼します。小生、御巣鷹への慰霊も、もう50回以上になりますが、あなたは何回位でしょうか?(参考としてお尋ね)

さて、あなたの分析が、モロイものと判断しましたので、述べさせて頂きます。

1、アントヌッチ氏の手記には、・・・ 日航機長が横田着陸を希望した根拠はない。
  日航機長が横田着陸を希望した根拠は ”あり” 当時の諸外国の新聞にて、その事が公表されています。

2、町田副社長が口走った”北朝鮮のミサイル”だから関係ない、と思わせたのではないでしょうか。
  つまり”隠語”です。ミサイルについては、現地拾得物に破片の ”物証” があり、また防衛省元関係者も、それによって落とされたと暴露しています。

3、火炎放射器は・・・毒ガスは・・・M氏の話しによるものらしいが、一読して明らかな ”作り話” 、ではないのです。
  毒ガス残留ビンも、現地拾得物として”物証”があり、持ってきた彼は、そのせいで、体調を悪くしてしまいました。

> 小田周二さんへ
> 1、アントヌッチ氏の手記には、日航機墜落前に、自衛隊に関する情報はない。
> 日航機長が横田着陸を希望した根拠はない。
> 2、町田副社長が口走ったのは、北朝鮮のミサイル。上野村も自衛隊もミサイルに関係ない。
> 3、火炎放射器は青山氏の誤解。No.2491を参照。
> 毒ガスは、あなたの著書のP122にある、M氏の話しによるものらしいが、一読して明らかな作り話。

> 結局、3件について具体的、合理的根拠はなく、あなたが主張する事件の真相は立証されず、それに基づく展開は虚構の物語です。

> 垂直尾翼の破壊に事件性はあるが、それ以降の事象に事件性はありません。
> 掲示板設立の趣旨に記されている、事故原因の追及には、垂直尾翼の破壊原因の追及が肝要です。