Re.(11) 異常発生時のDFDR

  • 投稿No.3324 元投稿No.3320 文系ちゃんさんへの返信
  • 投稿者:鷹富士
  • 投稿日:2024-06-10 22:02:37

文系さんへ

No.2608と2609は、高校レベルの物理、数学の応用で、これを理解いただけないなら、図解の意味もありません。

井上著にDFDRのデータがあれば参考になりますが、彼の経路図は妄想の産物です。

高度が上がると共に速度も上がるから、羽田以降は分速10から12kmとしました。
離陸して木更津上空でUターンして羽田に戻るのに6.7分。
羽田から座間ポイントまでの36kmは3.3分。
座間ポイントから分速12kmで、最接近まで30km、2.5分となり、18時42.5分に小松便は日航機を真横に見ます。

小松便機長の図では、267と283は計器を読んで正しいが、その他は誇張も過小もあります。

離陸して4000ftは、時間で3分
、距離は17km、そこから旋回して木更津上空です。
先の2000年の航空路では、木更津から君津の上空を飛んでいます。85年に木更津の手前でUターンする理由がありません。