正しい通信、記録 其之参

  • 投稿No.3083
  • 投稿者:胸肩
  • 投稿日:2024-01-14 19:29:08

せきたに様

ありがとうございます。
正しい飛行経路を確定します。

18:31:10 ポジションレポート
(現在位置通報)
大島の北西30マイル付近(55.5km)
(JAL123)

注意 (大島の西30マイル付近なら、
18:28付近の飛行になります)

Google mapsの測定を使えば簡単に
位置を割り出せます。

柳田 邦男氏による手記
「日航機は富士山付近を過ぎた後、
北東に進路をとって、かなり横田
基地に近いところまできてから北
へ向かったという」

新聞掲載航跡図の確認を

85年8月13日付けの北國新聞

Google mapsの測定したものと
比較して下さい。

運輸省、東京レーダーによると
記載されて居ます。

ワタナベケンタロウ動画 112
1:40〜4:10をご覧下さい。

https://youtu.be/-wSQJ8oJVCU?si=8zoKnONp1PFS6jzC

静岡県沼津市西浦江梨のダイビングハウス経営吉原 康明氏(32)から、近くの海岸で、1985年8月12日に群馬県上野村に不時着した日航ジャンボ機のものとみられる金属片が打ち上げられているのを見つけた、と沼津署西浦駐在所に届けがあった。

調べによると、この金属片は縦1メートル、横40センチ、厚さ7センチほどで、端がちぎれたようになり、白い塗色で内側はオレンジ色だった。小さなリベットが打たれ、表面に「16」か「91」とも読める数字が書かれていた。1985年12月28日ごろ、ハウスのアルバイトの大学生が見つけ、吉原さんが保管していたが、1986年1月10日に伊豆半島山中で日航ジャンボ機の垂直尾翼の一部が見つかったニュースを聞いて届けたと言います。

沼津市平沢らららサンビーチより、北部にある場所にて、1985年8月12日の夕方6時半頃、日航機123便と思われる飛行機を目撃。
 
当時、夏休みで、複数のお友達と、夕方まで外で遊んでいた最中に、たまたま上空(割と近くで大きく見えたようです)を飛んでいた飛行機を目撃しており、「おかしな飛び方をしていた・・・フラフラしながら飛んでいた。」と、話しておりました所、日航機123便墜落事故の事をニュースで知りました。

削除前確認(削除を実行するには投稿時に設定したパスワードを入力した上で削除ボタンをクリックしてください)