『圧力隔壁説をくつがえす』(青山透子著)に記されている「異常外力着力点」の意味

  • 投稿No.2490
  • 投稿者:せきたに
  • 投稿日:2023-01-19 13:41:17

『圧力隔壁説をくつがえす』(青山透子著)には「異常外力着力点」に関して以下のように記されている。

74ページ~

 さて、この『別冊』に話を戻すと、これが最初に出された1987年時の報告書とともに同時に公開されていれば、事件の原因が明瞭になったはずであり、圧力隔壁破壊は、誰もがおかしいと納得できたはずである。
 
 逆にいえば、意図的に隠された公文書となる。

 『別冊』全体は各研究テーマごとに構成されており、それぞれの分野の専門家に執筆を依頼しているため、文体も内容もつながりがなく、バラバラの印象を受ける。それは恐らく、与えられた結論へ導かなければならないため、担当した研究者たちがかなり苦心した痕跡が随所にみられる。

 つまり、無理やり結論に持っていかざるを得ない部分と、どうしても客観的データがそれを示していない、というジレンマである。

 結局のところ、「(望むような)結論には至らなかった」としながらも、「(もしも)こうだとすれば推定される」という結論が書かれている。これが特に博士論文であれば、論文審査が絶対に通らない書き方となる。当然のことながら、書いた本人もそのお粗末さは十分にわかっていたはずである。

 そこで私は、このように各専門家が担当の章ごとに、苦悩の末に書いた推定の結論部分はすべて黒塗りとし、与えられたデータと基礎データのみを抽出した。これは予断をもって判断しないためである。

 すると、今まで隠蔽のベールに包まれていた真相が逆にくっきりと見え出したのであった。

著者は更に、(事故調査報告書)『別冊』には垂直尾翼の黒い丸印の部分に、異常な外力が着力したということが記されていると言われ、「異常外力着力点」に関して言葉の意味を次のように解説されている。

 異常・・・正常のフライトでは考えられない突発的異常事態の力

 外力・・・外部から加わる力。外部とは大気、つまり空を飛行中に加わった力

 着力・・・その場所にやってきて着いた力、その着地点

 これらの力が、垂直尾翼の中央部の黒い丸印の地点で発生した。

削除前確認(削除を実行するには投稿時に設定したパスワードを入力した上で削除ボタンをクリックしてください)