正しい通信、会話記録(纏め) 其の肆

  • 投稿No.3095
  • 投稿者:胸肩
  • 投稿日:2024-01-21 07:29:25

投稿No.3067 鷹 富士氏
の説を支持致します。

18:32頃  1万4千㌳ 4267m

富士山大野路キャンプ場で
「随分低くく左右に揺れな
がら飛ぶ」のが目撃されてます。

18:33頃  1万3千㌳ 3962m

富士吉田市から観て、富士山の
真横を通過して来るのが目撃
され、落合 由美氏が富士山を
左側に見てます。

日航羽田支店の会社無線

「ジャパンエア123
ジャパンエア
31分に、大島の30マイル
ノースウエストで
エマージェンシー
コールを東京ACCが
傍受したということですが一」

日航123便の無線

「ええとですね いまあの一
アッパーフロアのドアが
フルオープンしました
えー、それで一、
えー今あー、ディセント
しております、えー」

「了解しました
キャプテンのインテンション
としてはリターン ツウ東京
でしょううか?」
「はいなんですか?」
「羽田に戻ってこられますか?」

「今仕方、何かとコリジョン
した羽田に戻る」

但し、一瞬の急減圧は落合 由美氏
の証言「数秒霧が発生」から、在った
と認めたいと思います。

無人標的機が垂直尾翼右側に、衝突
して、上下方向舵がそれぞれ別の方向
を向き破壊されて行きます。

機体後部右側に大きな歪みが発生
して、R-5窓に達して皸が入り、
一瞬の急減圧が生じ徐々に
減圧したと思われます。

擬装機体に焼津、静岡駅、藤枝市の
目撃者作りで、貨物室付近からの
火災を、匂わせて、低空飛行させた
のだが、直ぐに目撃者が現れず、
即席で、R-5ドアから急減圧を匂わ
せる事に変えたと、推察されます。

始めから、改編有きで行動して
いる様子が、伺い知れましょう。

勿論、真の墜落事故の原因等
では有り得ません。

どんな点でも、結び付け易い様に
創作されたボイスレコーダー記録
に散りばめ時間帯も入れ替えた
としか、思えません。

救援に時間を要したのも、策
を弄した結果では無いでしょうか?

擬装機の役目は、墜落原因の誤導
(情報戦)と、遠隔操縦実験(軍
事技術発展)に有ると、思われます。

削除前確認(削除を実行するには投稿時に設定したパスワードを入力した上で削除ボタンをクリックしてください)