御巣鷹の尾根と御巣鷹山

  • 投稿No.1863
  • 投稿者:鷹富士
  • 投稿日:2022-06-21 14:23:34

管理人さんへ質問します。

日航123便が墜落した場所は、当時は名もない尾根筋であったのを、当時の上野村村長が「御巣鷹の尾根」と名づけたものです。
「御巣鷹山」は、墜落地点から北北西へ1.8kmほど離れた場所にあり、「御巣鷹の尾根」との間には複数の尾根も沢もあります。

以上は、日航123便墜落に関心を持つ人々には周知のことですが、
なぜ、この掲示板のタイトルを「御巣鷹山の悲劇」とされているのでしょうか?

「・・の尾根」よりも「・・山」の表記の方が簡単ですが、それでは世間に誤解を広める誘引になっていると思います。
「山」を外して、単に「御巣鷹の悲劇」とされる方がましです。

削除前確認(削除を実行するには投稿時に設定したパスワードを入力した上で削除ボタンをクリックしてください)