Re.(4) 垂直尾翼の破壊

  • 投稿No.1726 元投稿No.1721 さんへの返信
  • 投稿者:鷹富士
  • 投稿日:2022-05-10 22:10:02

青山透子氏のどの著作の記述であったかは、著書名をメモしていないのですが、彼女は事故調報告書「別冊」ページ116の附図ー1の「異常外力の着力点」を指して、ここに何らかの物体が衝突したことを、事故調自身が認識していた証拠だと述べていました。
「異常外力の着力点」と言う語は、構造力学用語で、外力がある範囲に分散して存在する場合、便宜上、一点に力を集約させて力の作用を計算するものです。
物体の重さに対する重心のようなもの。
「別冊」ページ116の附図ー1の場合、事故調の担当は、内圧で垂直尾翼が破壊する時の力の総体を「異常外力の着力点」とまとめて計算をしているだけで、ここに外から何かがぶつかったことは想定していません。そのことは「別冊」の当該部分を読めばわかることです。

青山氏が垂直尾翼の側面から何かが当たったということを、別の根拠があって主張されるなら、それで結構ですが、「異常外力の着力点」については誤解されている旨、先日の返信に記したものです。

削除前確認(削除を実行するには投稿時に設定したパスワードを入力した上で削除ボタンをクリックしてください)