読書感想 「永遠に許されざる者」(小田周二さん 著) その3

  • 投稿No.87
  • 投稿者:せきたに
  • 投稿日:2021-10-10 13:00:23

 書物中、相模湾上空から始まり、静岡県藤枝市にかけて墜落状態に近い急降下があったとされているところについては異論がある。

 『圧力隔壁説をくつがえす』(青山透子さん著)によると、墜落の主要因は圧力隔壁の損壊ではなく、「異常外力着力点」であったということが記された公文書が見つかったという。

「圧力隔壁説をくつがえす」159ページ
 今回の発見は、異常外力着力点の位置とそこから始まった垂直尾翼の破壊が墜落原因である未解決事件だった、ということである。

その根拠は、
 「客室内与圧空気が噴出したのではなく、異常外力の着力点が垂直尾翼中部にあった、それによって垂直尾翼が破壊された、と事故調査報告書の『別冊』に書いてある。」と記され、(同書137ページ)

更に、
 この「外力」は、飛行機の左側の横、つまり側面から当たっている。(同書93ページ)

 と記されている。これは、垂直尾翼を破壊するほどの外力が垂直尾翼に横方向から衝突したことを意味し、飛翔体はズバリ、爆発物を搭載していないミサイルだったのではないかという。

 つまり、爆発物を搭載していないミサイルが垂直尾翼目がけて横方向から衝突し、それが原因で垂直尾翼の破壊が始まり、墜落の主要因となった。

 ここまでは新しい発見として受け入れれば良い。

 問題なのは、著者は「異常外力着力点」が相模湾上空で起きた事象だとされているところだ。
 「異常外力着力点」が相模湾上空で起きた事象だとすると、元パイロットの杉江弘氏の「陰謀説の真相」に記されている論理主張と相反関係となってしまう。

 「陰謀説の真相」で杉江弘氏は
 「それでは、「謎の飛行物体」は、垂直尾翼に対して、横から当たったということだろうか。もし、横からなんらかの物体が衝突してきたならば、反動で機首は物体が飛んできた方向に向くはずである。」(同書50ページ)

 客室乗務員の「大きな揺れはなかった」という証言によって、相模湾上空でそのようなことが起きていなかったのは明白だ。また、証言によると富士山の東側を通過するまでは雲の上のままであったことがわかる。

 それでは、『事故調査報告書別冊』に『垂直尾翼に対して、横方向から「異常外力着力点」となる物体が衝突し、それによって垂直尾翼の破壊が始まり、墜落の主要因となった。』と記されていることは誤りなのだろうか?

  JAL123便は長野県川上村梓山地区から見て、甲武信ヶ岳の方角から、徐々に高度を下げながら近づいてきた。
 そして、同地区の上空で90度の右旋回をし、今度は高度を上げながら、北東の方向、すなわち、三国山山系悪岩と呼ばれるあたりを目がけて一直線に上昇していった。そのあたりで、左旋回をしたかと思うとガクンと墜落していった。

長野県南佐久郡川上村梓山地区で墜落現場から2~3キロの距離で山あいの畑から目撃された女性は次のように語る。
(「鎮魂JAL123便/池田昌昭著」26ページ~)

 「当日8月12日午後6時52~53分頃、川上村梓山地区の上にある畑に出ていていちご摘みやレタスの収穫作業をしていた時だった。畑でいちご摘みをしていた手元が急に明るくなったので、ふと上空を見上げると真上に窓の明かりが一杯について、エンジン音がほとんどしない大きな飛行機が飛来してきた。上空400メートルくらいで一瞬お化けが出てきたかと思った。

 子供が『あれはジャンボ機だ』とすぐに叫んだくらい見たこともない大きな飛行機で埼玉の方から飛んで来た。電気を一杯つけたジャンボ機の全部の窓に明かりがついていたが乗客の姿は下からは見えなかった。

 飛行はフラフラしていなく一応安定していて垂直尾翼が欠けていたかどうかは分からなく、機体からは煙は出ていなかった。畑の上空で右旋回をして2~3キロ先にあるその昔岩から毒物が出たことから長野群馬県境三国山系通称『悪石』と呼ばれる岩山にぶつかりそうになりそれをスレスレにかわし左旋回をしたかと思うと、飛行機は見えなくなった。

 地元民が最後に目撃された左旋回の要因が、JAL123便が飛んで行った方向の西側から飛来した物体が衝突したことで「異常外力着力点」が生じた可能性があり、そうするとJAL123便の進行方向左側から衝突したことになり、「飛行機は反動で機首は物体が飛んできた方向に向く」と言われる杉江弘さんの説と合致する。「左旋回をしたかと思うとガクンと墜落していった。」というところは、生存者の落合由美さんの次の証言ともぴったりと一致する。

 「安全姿勢をとった座席のなかで、体が大きく揺さぶられるのを感じました。船の揺れなどというものではありません。ものすごい揺れです。しかし、上下の振動はありませんでした。 ・・・そして、すぐに急降下がはじまったのです。」

 航空機が墜落する場合、その主となる要因が墜落から1分以内に発生している場合が多いのが実際だというが、それとも合致する。

 そうすると「圧力隔壁説をくつがえす」75ページに記されている事故調査報告書別冊からの抜粋として引用されている図10の「異常外力着力点」は相模湾上空ではなく三国山上空で生じたものであると思われ、「異常外力着力点」が生じた直後から文字通りの急降下が始まったと考えられる。

Re: 真相を明らかにするために100万人署名運動を!

  • 投稿No.86
  • 投稿者:管理人[ 管理者 ]
  • 投稿日:2021-10-07 21:56:04

>  日航123便墜落事故の真相解明のために、このようなブログを作成された管理者に敬意を表します。
>  以前、御巣鷹山ゲストブックのブログに投稿したことがありますが、この事故は、原因から墜落、現場確定、生存者救助まで謎だらけで、少しでもこの事故に関心がある人は「事故報告書」の内容に疑義をさしはさまれるはずです。

管理人です。

尾宮次夫 様 初めてのご投稿ありがとうございます。

今後とも気が付かれたことを何でもお気軽にご投稿ください。

Re: 真相を明らかにするために100万人署名運動を!

  • 投稿No.85
  • 投稿者:AOSAN
  • 投稿日:2021-10-07 21:06:23

>  以前、御巣鷹山ゲストブックのブログに投稿したことがありますが、この事故は~
> (8)SNSを使った署名活動はもちろん、AOSANが既に実践されている現場でのビラまき、駅頭や公共施設などでの署活動という国民的な大運動を起こすこと、さらにアメリカ国民の関心を喚起し、日米両国民の提携による真相究明の国際的運動を提起したい。署名数は100万を目指す壮大な計画である。

尾宮さま

久しぶりの投稿有難うございます。
(1)~(8)までの見解、私が調査してきた結果と照らし合わせて、ほとんど賛同致します。

ただ、(8)については、署名推進を、現地「上野村」「御巣鷹の尾根」「慰霊の園」でやろうといたしましたが、管理統括する「上野村役場」へその許可を得ようと努力したが、検討の結果、残念な事に否決されてしまったのです。
詳しく言うと、それらの区域で、当初、数回数年にわたり実施しましたが(大々的ではない)、機会ある毎に、通報され、ポリスからも注意された次第であります。
上野村役場の最たる対応としては、なんと、登山口の入口に、これら含む行為への圧力と思える「貼り紙」まで今夏掲示されるに至ったのです!
https://blackriverwing.site/OpenPNE3/web/cache/img/jpg/w_h/979ef5c18b64c5d83f140619899c8592b96e2f37_jpg.jpg

そこで、やり方を、再考して、こちらからの呼掛けを一切やめ、「車載ポスター掲示車の乗入れ」に切替えた次第であります。
https://blackriverwing.site/OpenPNE3/web/cache/img/jpg/w_h/53102e456e73a7e1d9e9f31a80cae0a9f03c5129_jpg.jpg

真相を明らかにするために100万人署名運動を!

  • 投稿No.83
  • 投稿者:尾宮次夫
  • 投稿日:2021-10-07 12:32:36

 日航123便墜落事故の真相解明のために、このようなブログを作成された管理者に敬意を表します。
 以前、御巣鷹山ゲストブックのブログに投稿したことがありますが、この事故は、原因から墜落、現場確定、生存者救助まで謎だらけで、少しでもこの事故に関心がある人は「事故報告書」の内容に疑義をさしはさまれるはずです。以下、ランダムに私見をのべます。
(1)日航もくせい号遭難事故(1952 悪天候のため大島三原山山腹に激突)や大韓航空機撃墜事件(1983 領空侵犯のためソ連軍機のミサイル攻撃により撃墜)と類似性・共通性がある。すなわち、報道陣を現場から遠ざけるためフェイク情報を流してメディアを攪乱し、その隙に乗じて事実を隠蔽するやり方
(2)日米共同正犯である。1995年の退役将校マイケル・アントヌッチ氏の暴露発言に明らかなように、10年間緘口令が布かれていた。8.12連絡会(遺族会)に対する前橋検察庁山口裕介検事の「原因を究明すれば戦争になる」発言は、共同正犯を裏付けるもの。
 より穿った見方をすれば、アメリカ(CIA)による工作(罠)の疑いが強い。あまりにも偶然にしては不自然なつながりが多すぎる。これについては、別途のべる。
(3)ミサイル撃墜説の真実。角田四郎氏のミサイル破片拾得(「疑惑」所載)、当時の日航副社長のミサイル発言(「北朝鮮のミサイルにやられた」(青山透子氏・小田周二氏の著書))、第4エンジン脱落の怪(事故報告書では「一本カラ松との衝突で脱落」)、多数の目撃証言(長野県川上村住民「黒煙を上げて墜落した」、「空がパッパッと光った」、浦和市(現さいたま市)住民「望遠鏡で見たら機体から青と赤の光が出ていた」など(当時の新聞記事))
(4)25年前、安全工学会の「会報」に中村林次郎元横浜国大教授が「修理ミスによる内部隔壁破壊」原因説に疑義を呈し、論文を掲載するについては事故調査委員会の武田委員長と事前に意見交換をしている。要するに、武田委員長も論文掲載を承知している(ネット掲載)。
(5)青山透子氏のベストセラー著書やネット上でのさまざまな疑惑・疑問について、大手メディアは言い合わせたように記事に取り上げず沈黙を守っている。このことは、政府側からのあからさまな緘口令というよりも、陰謀に加担するマスメディア側の忖度の結果ではないか。メディアに対して緘口令を布けば取材・言論の自由を侵害する憲法違反行為になるから。
(6)政権交代した民主党政権下の国会で取り上げられ、真相究明がなされるかと思われたが、これも不発に終わっている。要するに、日本が独自に真相を明らかにすることはできず、同盟関係にあるアメリカの同意を得なければならないということ。
(7)現在、「日航123便墜落の真相を明らかにする会」が組織され、真相究明の本格的な動きがようやく始まったが、生のCVRやDFDRを公開することや相模湾に沈んでいるとみられる尾翼や油圧系統の残骸を引き上げることは容易ではない。
(8)SNSを使った署名活動はもちろん、AOSANが既に実践されている現場でのビラまき、駅頭や公共施設などでの署活動という国民的な大運動を起こすこと、さらにアメリカ国民の関心を喚起し、日米両国民の提携による真相究明の国際的運動を提起したい。署名数は100万を目指す壮大な計画である。

8.12連‐事故調査分科会 会長:小田周二氏による「墜落原因仮説&再調査署名推進ビラ」

  • 投稿No.82
  • 投稿者:AOSAN
  • 投稿日:2021-10-02 22:08:00

サポーターである私も、制作協力したこの資料をここに展開させていただきます。
   (今回2021年8月の夏の陣で、現地上野村・御巣鷹で配布したもの)
https://blackriverwing.site/OpenPNE3/web/cache/img/jpg/w_h/d814966ac76e67e97ed5f148ec47e31d8de3ce00_jpg.jpg
https://blackriverwing.site/OpenPNE3/web/cache/img/jpg/w_h/d7605d505a36f3bf768e8533a15a2a90c868dccc_jpg.jpg

ついに「再調査」を求める署名が2000人を突破!

  • 投稿No.81
  • 投稿者:AOSAN
  • 投稿日:2021-10-02 21:23:47

[NEWS]”ボイスレコーダーに無かった事にされた交信記録”『緊急着陸空港検討中』『マヌーバーが悪い』が当時の新聞から発見されました!
https://www.change.org/JAL123saicyousa

ワタケン動画#36の紹介

  • 投稿No.80
  • 投稿者:AOSAN
  • 投稿日:2021-10-01 20:26:20

100点ではないけども、まあまあ、いい所ついてると思いしたので紹介しておきます。
小田さんの仮説Xとも重なる部分もありますしね。
https://www.youtube.com/watch?v=el_1Ih0s-1Y&t=943s

Re: Re: Re: 「慰霊の園」資料館に展示されている「上野村小学校・中学校の文集」に対する実態調査

  • 投稿No.79 元投稿No.78 AOSANさんへの返信
  • 投稿者:管理人[ 管理者 ]
  • 投稿日:2021-09-27 21:15:04

> p141 父「飛行機が飛んでるそ、来てみろ」と言ったので、外出ると「大きい飛行機と小型のジェット機が2機飛んでいた」のYKさんの文章についてですね。

> たしかに墜落前の時点で永く飛んでたように書かれていますので、この他の「早い時間の目撃文章」と合せて、このYKさんの目撃文章も、偽装機という事になりますかね。

AOSANさんへ

ご意見ありがとうございました。

墜落直前の長野県川上村住民たちが語られる目撃情報にはそれぞれ異なる全く二種類の航跡があることに違和感を持っていましたが、AOSANさんのご意見で腑に落ちるものがありました。

川上村から見て事故機は甲武信ヶ岳のあたりから近づいてきたところまでは同じなのですが、

川上村を通過して西の方(南相木村の方向)に飛んで行ったという目撃情報と

もう一つは川上村上空で90度の右旋回をして北東の方向(群馬県境、三国山の方向)に駈け上がって行ったというもの。

Re: Re: 「慰霊の園」資料館に展示されている「上野村小学校・中学校の文集」に対する実態調査

  • 投稿No.78 元投稿No.77 管理人さんへの返信
  • 投稿者:AOSAN
  • 投稿日:2021-09-26 11:35:35

>  一方、今回の投稿(投稿No.76)で、上野村小学校の文集~「大きい飛行機と小型のジェット機が2機飛んでいた。」「5分以上たっているのにぐるぐる回ってばかりいた。」

>  子供が見たという大きい飛行機について、JAL123便ではなく偽装機であった可能性についてはいかがでしょうか?

管理人さんへ

p141 父「飛行機が飛んでるそ、来てみろ」と言ったので、外出ると「大きい飛行機と小型のジェット機が2機飛んでいた」のYKさんの文章についてですね。

たしかに墜落前の時点で永く飛んでたように書かれていますので、この他の「早い時間の目撃文章」と合せて、このYKさんの目撃文章も、偽装機という事になりますかね。

Re: 「慰霊の園」資料館に展示されている「上野村小学校・中学校の文集」に対する実態調査

  • 投稿No.77 元投稿No.76 AOSANさんへの返信
  • 投稿者:管理人[ 管理者 ]
  • 投稿日:2021-09-26 10:57:50

> 前回報告した本年8/8〜約1週間の現地車中泊での闘いの際、行った本調査(私が入手した原本との比較)の結果をお伝えします。
> (青山透子氏が言っていた上野村展示内容に隠蔽が図られている事の再確認の意味で実態調査)

 管理人です。今回もご自身の取材に基づく貴重な投稿ありがとうございます。

AOSANさんに質問です。

 投稿No.67で、藤枝で藤沢市の女性に目撃された旅客機はもしかしたら偽装機であったかもしれない、という趣旨のことを記されていますね。

 一方、今回の投稿(投稿No.76)で、上野村小学校の文集をご紹介いただきましたが、(ご紹介の意図は文集の内容について隠蔽が計られていることがメインだとは思いますが)子供が記した作文の中に興味深い記載があります。

 「大きい飛行機と小型のジェット機が2機飛んでいた。」「5分以上たっているのにぐるぐる回ってばかりいた。」

 子供が見たという大きい飛行機について、JAL123便ではなく偽装機であった可能性についてはいかがでしょうか?