真実はどこにあるのだろう?

  • 投稿No.209
  • 投稿者:西
  • 投稿日:2021-12-12 14:32:59

はじめまして。最近この話題に興味を持ち色々調べ始めた者です。
ここの方たちは見識高い方ばかりとお見受けしました。若輩者ですがよろしくお願いします。

人により云う事が違うので混乱しています。
プレッシャードアというのはいったい何なのですか?
大事な装置だと云う人もいれば、特に重要でもないと云っている人もいるようで迷っています。

とても初歩的なことで申し訳ありません。教えてください。

Re.(3) 123便事故

  • 投稿No.208 元投稿No.202 冴羽さんへの返信
  • 投稿者:AOSAN
  • 投稿日:2021-12-12 10:58:05

> ミサイルが使われたと言うのであれば、発射地点の地上からミサイルの破片や、墜落現場からもミサイルの破片が見つからないとおかしいんですが、陰謀論者はそれを突っ込んでやると「自分で調べろ」と言うんですよね?何故なのでしょうね?

「再調査」署名の反対者へ

簡単でしょう!調べる位!
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/9874.jpg

http://realestate.sanpouryoutoku.com/index.php?%E6%9A%B4%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E6%A9%9F%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8%EF%BC%9F%EF%BC%81%E2%91%A9

https://yukilifeblog.com/darkness_of_nikko_aircraft_crash_5/

https://blog.goo.ne.jp/adoi/m/200912

「再調査」署名サイト
https://www.change.org/JAL123saicyousa

Re.(6) ワタナベケンタロウ動画㊺ 感想 その1

  • 投稿No.207 元投稿No.206 無名さんへの返信
  • 投稿者:せきたに
  • 投稿日:2021-12-12 09:02:36

> チョットチョット待ってください。
> 123便の尾翼が残っていたという主張ですか?
> ワタナベ動画感想の違和感はこれか....
> せきたにさまの123便墜落までのシナリオを詳細に教えていただけませんか?

とりあえず異変後は富士山の東側を18時30分に通過し、その後降下しはじめた可能性が高いと考えていることについて記しておきたい。
落合証言には、異変が起きた後、客室内では酸素マスク〜ライフベストの装着作業があったが、富士山を左下に見ながら通過するまでは急降下はなく、一貫して雲の上を飛行していたということが記されている。
そして、富士山が左手にきたとき、安全姿勢を取ったという。
また、犠牲者となられた村上良平さんの遺書によると、18時30分に降下がはじまったと記されている。(落合証言で記されるまっさかさまの急降下はここではなく、三国山上空)
これらのことから、機体が相模湾上空にあったとき、東伊豆で起きた異変後は伊豆半島を北上し、18時30分に富士山の東側を通過した可能性が高いことがわかる。

Re.(5) ワタナベケンタロウ動画㊺ 感想 その1

  • 投稿No.206 元投稿No.205 せきたにさんへの返信
  • 投稿者:無名
  • 投稿日:2021-12-11 23:27:14

せきたにさま

>>どうも無名さんとは話がかみ合っていないように思う。
そもそも私は相模湾上空においては急減圧はなかったはずで、その他の原因でも垂直尾翼は吹き飛んでいなかった可能性が高いと言っている。

チョットチョット待ってください。
123便の尾翼が残っていたという主張ですか?
ワタナベ動画感想の違和感はこれか....
せきたにさまの123便墜落までのシナリオを詳細に教えていただけませんか?

Re.(4) ワタナベケンタロウ動画㊺ 感想 その1

  • 投稿No.205 元投稿No.198 無名さんへの返信
  • 投稿者:せきたに
  • 投稿日:2021-12-11 23:13:12

> せきたにさま
> 必然的に起きる訳がないでしょう。機体によりフェイルセーフ機構の想定値や噴出空気量の条件も違います。
> せきたにさんが例に上げたタイ航空の事故を引き合いに出す方が多い印象ですが、これも条件が全く違う。
> 先ず、A300の機体大きさ(胴体容積)はB747の約半分であり、当然、B747は与圧空気量も噴出するエネルギーも大きくなる。
> またA300にはコンパートメントアクセスドアという名称でB747のプレッシャーリリーフドアとは比べ物にならない大きさのフェイルセーフ機構がある。
> それでも、タイ航空機爆発事故の報告書には、水平尾翼基部、APUに破壊の痕跡と記述があり、巨大なアクセスドアが機能しても機体後部にはダメージが入り危険な状況であった事は明白。
> では、B747ではどうだったか?
> 繰り返しになるが、噴出空気量もエネルギーも2倍(隔壁破断面積にもよる)、B747の小さなプレッシャーリリーフドアでは当然間に合わず噴出空気が尾翼に入る。

どうも無名さんとは話がかみ合っていないように思う。
そもそも私は相模湾上空においては急減圧はなかったはずで、その他の原因でも垂直尾翼は吹き飛んでいなかった可能性が高いと言っている。

それはともかく、プレッシャーリリースドアは何のために作られているのか? 
『疑惑』の著者角田四郎氏が問題にしたところだが、圧力隔壁が不可抗力によって破れることがあってもプレッシャーリリースドアが開くことによって与圧を逃がし、垂直尾翼が吹き飛ばないようにメーカーは設計してあるはずだ。 
それが何の役にも立たなかったということであればメーカー側に設計上の問題があったことになる。

また、垂直尾翼が吹き飛ぶかどうかは空気量の大小ではなく、風速の問題だと考える。
ある一定の風速を超えないと垂直尾翼が吹き飛ばされることはないが、垂直尾翼が吹き飛ばされるほどの風が機内を駆け抜けると当然のことながら客室も含めて機内は風の影響を受けて必ず荒れる。
ジャンボ機だからそんなことはない(機外へ噴出する箇所だけ猛烈な風であったが、機内は平穏だった)という理屈は破綻していると考える。

ここは発想を変えるべきだと考える。
圧力隔壁を破り、その勢いで垂直尾翼を吹き飛ばしてしまうためにはどの程度の風速が必要なのか・・・と。
導き出された数字が通常の与圧から生じる風速を超えていれば仮説が間違っていたとして改めるべきだ。

話は変わるが、圧力隔壁が破れ、垂直尾翼の2/3が吹き飛んだとき、上空7,000メートルの機内はよく効くエアコンが暖かい風を送り続けたので寒くなかったはずだというが、そんなことはありえないと思う。
離陸の時点で圧力隔壁に直径50cmの穴を空け、プレッシャーリリースドアを開放したままエアコンをMAXにして高度7,000メートルまで達したらどうなるだろうか。これは実験できる事柄だが、命を懸けた実験となる。寒さの問題だけでは済まない。減圧症の問題があり、そちらの方が深刻かもしれない。想像してみられたら良いと思う。

Re.(3) 123便事故

  • 投稿No.204 元投稿No.202 冴羽さんへの返信
  • 投稿者:無名
  • 投稿日:2021-12-11 19:01:48

> 失礼いたしました

> 陰謀論で言われていることは、完全に、とは言えませんが、否定する事は出来ますよ、私も。リアルタイムで事故報道を観てましたからね

> ミサイルが使われたと言うのであれば、発射地点の地上からミサイルの破片や、墜落現場からもミサイルの破片が見つからないとおかしいんですが、陰謀論者はそれを突っ込んでやると「自分で調べろ」と言うんですよね?何故なのでしょうね?

冴場さま

こちらこそ失礼いたしました。
反事故調査派との議論を重ねた経験から「自分で調べろ」これは明確なソースが無い可能性が高いですね。
明確なソースがあれば、堂々と提示して説明し議論すればいいだけの事。ですが何故か隠す。本当に謎です。
持論をオープンにしたいのかクローズしたいのかよくわかりません。
それか提示出来ない理由があるのでしょう笑

Re. お願いと「荒唐無稽」(1)

  • 投稿No.203 元投稿No.200 尾宮次夫さんへの返信
  • 投稿者:無名
  • 投稿日:2021-12-11 18:47:29

尾宮さま

> >「荒唐無稽」ということばが出てきました。これは「荒唐無稽」に当たるのでしょうか。
> 「20:00 上野村三岐待機自衛隊一群到着。待機命令に反して怪我人救助を急いだ自衛隊員一人射殺」(NHK)
>  つづいて、木村太郎キャスターが次のように述べます。「只今長野県警から入った情報です。現地に救助に向かった自衛隊員数名が何者かに銃撃され、死者負傷者数名が出ている模様です。続報が入り次第お伝えします。」
>  その後「先ほど自衛隊員が何者かに襲撃され死者が数名出たとお伝えしましたが、誤報だった模様です。」とテロップと記事を訂正しました。

皆さんの指摘から反省し、煽る言葉は控えていましたがこれは呆れますね、本当に。乾いた笑いが出ます。
「真相解明」を謳う人間がそんな与太話を真面目に盲信するとは....
これが反事故調査派の総意であり共通認識ですか?ここまでレベルが低いとは驚き。

>>隗より始めよで、次のテロップと記事をあげます。

この話が「事実」である「記事とテロップ」の証拠を提示してください。画像映像、記事でも結構ですよろしくお願いします。

Re.(2) 123便事故

  • 投稿No.202 元投稿No.199 無名さんへの返信
  • 投稿者:冴羽
  • 投稿日:2021-12-11 16:47:42

失礼いたしました

陰謀論で言われていることは、完全に、とは言えませんが、否定する事は出来ますよ、私も。リアルタイムで事故報道を観てましたからね

ミサイルが使われたと言うのであれば、発射地点の地上からミサイルの破片や、墜落現場からもミサイルの破片が見つからないとおかしいんですが、陰謀論者はそれを突っ込んでやると「自分で調べろ」と言うんですよね?何故なのでしょうね?

Re. お願いと「荒唐無稽」(1)

  • 投稿No.201 元投稿No.200 尾宮次夫さんへの返信
  • 投稿者:冴羽
  • 投稿日:2021-12-11 16:44:01

テロップの件に関してはすでに「2017年」の段階で完全に否定されていますけどね

詳しくはこちらを

https://twitter.com/teiseiinfo/status/1160805121657196544?t=rM_xyZ-HmRSGNuFUF8Yosw&s=19

お願いと「荒唐無稽」(1)

  • 投稿No.200
  • 投稿者:尾宮次夫
  • 投稿日:2021-12-11 16:08:34

 このブログをご覧の皆様にお願いです。
 この掲示板は、今から36年も前に墜落した日航123便事故(事件)の真相を追求するためにつくられたものです。ご存じのように、この事故には事故調報告書(以下「報告書」)を含めて当初から疑問や謎が多く、報告書の「隔壁破壊説」にはパイロット組合や工学系専門家(河村東大教授、中村横浜国大教授など)からの批判・否定見解が見られましたし、事故5年後に出された前橋地検の判断は、起訴されていたボーイング社・日航・航空局を起訴猶予(無罪)としました。報告書の「内部隔壁説」が証拠にならなかったわけです。
 「隔壁破壊説」が墜落の原因でないとしたら、日航123便は台風や雷のような「自然災害」で墜落したのでしょうか。死者521名(胎児1名を含む)、重傷者4名という、航空事故史上単独機としては最悪の事故でありながら誰一人「責任」を取っていないのですから、そう考えざるを得ません。じつに「不思議な」事故です。
 ですから、管理人様がこのような「掲示板」をつくられたのは、「不思議な」ことをみんなで共有して、出来ればみんなの知恵で探っていこうという計らいだと、わたしは理解しています。
 ところが、議論の始まる前から報告書の否定派と肯定派が「罵り合い」では「不思議なこと」の解明が前に進みません。ここはみなさん冷静になって相手を誹謗・中傷することなく、管理人様に協力するように努力しましょう。
 今一つお願いです。
 この掲示板に遺族の小田様が、苦節25年の思いのたけを述べておられます。国や日航という権力機構や大企業を相手に、ほとんど孤軍奮闘でここまでこられたわけです。確かに小田様の文面には、読みにくさや同じことの繰り返しなどが見られますが、これも迸り出る感情のなせるものと大目にみてあげましょう。ご遺族の心中を推し量って暖かなことばでご意見をお願いいたします。

 「荒唐無稽」ということばが出てきました。隗より始めよで、次のテロップと記事をあげます。これは「荒唐無稽」に当たるのでしょうか。
「20:00 上野村三岐待機自衛隊一群到着。待機命令に反して怪我人救助を急いだ自衛隊員一人射殺」(NHK)
 つづいて、木村太郎キャスターが次のように述べます。「只今長野県警から入った情報です。現地に救助に向かった自衛隊員数名が何者かに銃撃され、死者負傷者数名が出ている模様です。続報が入り次第お伝えします。」
 その後「先ほど自衛隊員が何者かに襲撃され死者が数名出たとお伝えしましたが、誤報だった模様です。」とテロップと記事を訂正しました。