Re. 18時20分15000ftの航跡図

  • 投稿No.3217 元投稿No.3204 河津低空飛行説さんへの返信
  • 投稿者:鷹富士
  • 投稿日:2024-05-15 19:59:08

河津低空飛行説さんへ

興味深い説を示していただきましたので、若干の質問をさせていただきます。

1、事故調報告書の経路図から、ALTを変えそれに伴いTASを変えた、という説明ですが、ALTが変われば、ダッチロールとフゴイドの周期も変わるはずなのに、それを変えないのはなぜですか?
また、高度が変わると、その前後に上昇下降が伴うからPCHとVS2が変わり、LNGGやAOAやEPRなどにも影響しますが、これらを変えないのはなぜですか?
これらを含め、あなたが考える「正しいDFDR図」の全体を示されずに、経路図のみを示されるのはなぜですか?
いちばん肝心のALTとTASの変化図さえも示されないのはなぜですか?

2、事故調の経路図はレーダー情報に基づいています。今回のあなたの図はこれを元に作られていますが、そのような虚構の図を元にせず、あなた自身が計算したTASで経路図を作られないのはなぜですか?

3、「静岡S字証言」と記されていますが、今回のあなたの図では静岡上空を通過せず、清水の上空を通過しています。 「静岡S字証言」の内容を示していただけませんか?

4、「駿河湾3000ft証言」は、誰による、どのような証言ですか?

5、「18時32分くらいの超低空飛行がレーダー及び無線音声の消失」と記されていますが、事故調報告書では、この前後にレーダー記録はありますが、これを否定される根拠は何ですか?
また、「無線音声消失」とは何の意味ですか?

6、18時20分の異常事態内容を具体的に示していただけませんか?

7、経路図を描かれるからには、墜落までの全体像が描かれないと中途半端ですが、
18時40分30秒以降の経路はどのようになるのですか?
このままつないだら、墜落地点は長野県川上村になりますが、それでよいのですか?
8、変更したALTとCASから、TASを出す計算式を示していただけませんか?
         

> ことから、航跡図を再度作成しました

> 政府は外圧に負けて
> 『圧力隔壁説をでっち上げるため』
> 『河津低空飛行を隠蔽し
>  河津DFDR高度を高く改竄』
> しました

> 改竄作業を簡便にするため、CASと
> 時刻を固定したまま高度のみ高く改竄、
> 自動的にTASと移動距離が増えました

> 0.自衛隊による18時20分異常事態情報
> 1.河津の低空飛行の目撃証言
> 2.18時30分降下の複数の遺書
> 3.駿河湾3000ft証言
> 4.18時32分くらいの超低空飛行が
>  レーダー及び無線音声の消失を招き、
>  18時40分の墜落判断から
>  19時前のテロップに繋がった
> 5.静岡S字証言
> 6.富士山東証言
> 7.平栗氏の最大15000ft発言

> ある程度の計算根拠がある航跡図で、
> これだけ各種証言と一致する航跡図は、
> 事故後40年で初めてだと思います

> 特に18時30分に降下が遂に始まった
> という複数の遺書と一致する航跡図は、
> 事故後40年で初めてだと思います

> ここまで真相に迫った航跡図は、この
> 掲示板が生んだ最高傑作だと思います

> よく考えて下さい
> DFDR改竄を疑う人は多いですが、
> 改竄する理由をシンプルに説明した人、
> 実は私が40年で最初だと思います

> これを見て遺族の方が喜ぶんじゃないか
> と期待しています
> いかがでしょうか?

> ※時刻とCASを固定して、高度のみ
>  低空飛行を想定してTASを計算
> ※各点を結ぶ線は平行かつ長さが
>  短くなっています
> ※線の長さは両端のTASの平均と比例
> (時間固定にて距離比になります)